薬剤師は女性の仕事というイメージ

薬剤師は女性の仕事というイメージがあります。
確かに、昔は医者が男、薬剤師が女性というのが多かった気がします。
これには薬剤師の仕事内容が関係してきます。
薬剤師の仕事は、お薬を出す仕事です。
これはあまり体力が必要ではないため、たとえ女性の方であっても仕事に就きやすいというわけです。
だから女性に人気なんですね。

このような理由から、薬剤師は女性が多かったのですが、今はそうではありません。
男性であっても薬剤師になる男性も多いんですよ。

例えば看護師なんかも昔は女性が大半を占めていたのですが、
最近ではまだまだ少ないのですが、男性の方も看護師を目指しているという人が増えて
きています。

ですから、男性の人であってもこれからは薬剤師になる人がこれから増えてくると思います。

今はまだ男性の薬剤師の数は女性と比較しても多くはないのですが、
これからはだんだん男性の薬剤師も増えてくると思います。

排水管高圧洗浄

ブリタニカ国際大百科事典買い取り

 

薬剤師は女性におすすめ

薬剤師は女性の仕事というイメージがあります。
これには薬剤師の仕事内容が深く関係してきます。
薬剤師の仕事の多くは、医師が指示したお薬を処方するというものが多いのです。
ですから、男性のように体力を必要とすることも多くはなく、
女性の方も比較的就きやすいといわれていました。

これは昔に限ったことではありません。
現代でも薬局やドラッグストアに勤務する薬剤師はあまり体力的な負担がなく、女性向けの職業といえるでしょう。

ですが、いくら女性向けだからといって、男性が薬剤師になるのが変というわけではありません。

確かに薬剤師は男性よりも女性の割合が多いのですが、
それはこれからは変わってくると思います。

その理由としては、昔は看護師は女性が多かったのですが、
今では徐々に男性の看護師も増えてきていることが理由です。

ですから、男性の方であっても医薬品に興味があるのでしたら、薬剤師になるのもよいと思いますよ。

 

薬剤師は幅広い活躍の場があります

薬剤師と聞くと薬局やドラッグストア、病院くらいしか活躍の場がなさそうに見えるの
ですが、
実はドラッグストアや薬局、病院以外にもたくさんの活躍の場があります。
例えば、一般近業の研究職であったり、製薬会社だったり、大学院に残って研究をするという道もあります。
ですから、薬剤師といえば、薬局やドラッグストアだけというイメージを持っているのでしたら、それは損だと思います。
そんな薬剤師になるのには、6年大学に行かなければなりません。
6年も行くことになるから、薬剤師になるのにはそれなりの動機が必要です。
ですから、ただ単に就職に有利というだけではなく、しっかりと薬剤師はどんな仕事をしているのかということについてあらかじめ調べておく必要があるのです。

あと、薬剤師の仕事のイメージとして、薬局やドラッグストアの仕事をイメージされる人が多いのではないでしょうか???

確かに、それも薬剤師の仕事のうちの一部であることに変わりはありません。
ですが、もちろんそれだけが薬剤師の仕事というわけではありません。
では具体的にはどういうものが薬剤師の仕事にあるのでしょうか???

薬剤師の仕事としてドラッグストアなど以外にあるのが病院の勤務です。
病院にも当然、薬剤師は必要なのです。
ですが、病院といえば医者のイメージが強く、薬剤師はあまり注目されないため、忘れがちになって今います。

そのほかですと、製薬会社の研究職があります。
メジャーな製薬会社にはファイザーや大正製薬、中外製薬などがありますが、これらの製薬会社に研究職として勤務するのです。
製薬会社の研究職は薬剤師の中でも特に限られた人しかなることができず、狭き門といわれれています。