薬剤師は幅広い活躍の場があります

薬剤師と聞くと薬局やドラッグストア、病院くらいしか活躍の場がなさそうに見えるの
ですが、
実はドラッグストアや薬局、病院以外にもたくさんの活躍の場があります。
例えば、一般近業の研究職であったり、製薬会社だったり、大学院に残って研究をするという道もあります。
ですから、薬剤師といえば、薬局やドラッグストアだけというイメージを持っているのでしたら、それは損だと思います。
そんな薬剤師になるのには、6年大学に行かなければなりません。
6年も行くことになるから、薬剤師になるのにはそれなりの動機が必要です。
ですから、ただ単に就職に有利というだけではなく、しっかりと薬剤師はどんな仕事をしているのかということについてあらかじめ調べておく必要があるのです。

あと、薬剤師の仕事のイメージとして、薬局やドラッグストアの仕事をイメージされる人が多いのではないでしょうか???

確かに、それも薬剤師の仕事のうちの一部であることに変わりはありません。
ですが、もちろんそれだけが薬剤師の仕事というわけではありません。
では具体的にはどういうものが薬剤師の仕事にあるのでしょうか???

薬剤師の仕事としてドラッグストアなど以外にあるのが病院の勤務です。
病院にも当然、薬剤師は必要なのです。
ですが、病院といえば医者のイメージが強く、薬剤師はあまり注目されないため、忘れがちになって今います。

そのほかですと、製薬会社の研究職があります。
メジャーな製薬会社にはファイザーや大正製薬、中外製薬などがありますが、これらの製薬会社に研究職として勤務するのです。
製薬会社の研究職は薬剤師の中でも特に限られた人しかなることができず、狭き門といわれれています。